墓石・永代供養image01 墓石・永代供養image02 墓石・永代供養image03

死後

自分の死後のことについて考えたことはありますでしょうか。
遺言で財産の分与には言及をしても、自分が死んだ後のお墓のことまではなかなか頭がまわらない部分かもしれません。
代々で受け継がれてきたお墓に入る場合もありますが、宗教の話に関わってくるので周りの人がどうしているのか聞くに聞けない部分でもあります。

お墓を建てる時は、墓石を買えばそれで終わりだと思うかもしれません。
ですが、お墓というのは言ってみれば死者のお家なのです。つまり、家を建てる時と一緒です。家を建てるには土地がいります。
ですから、墓石を建てるためのスペースが必ず必要になるのです。また、これと別に管理費というものがかかってきます。

昨今では、両親が高齢の方で自分自身も家族を持たない人がだんだんと増えつつあります。
つまり代々の墓石があったとしても、こういうケースですとご自身の死後に関しては誰も管理をしてくれる人がいなくなってしまうという心配があります。
なので、そういう場合は墓石を思い切って永代供養に切り替えてしまうのもありでしょう。

永代供養というものがどういうものなのかと言うことを簡単に言うと、自分や親族に変わってお寺が責任を持って供養と管理をしてくれるシステムなのです。
ですので、今すでに墓石をお持ちの方でも手続きを踏みさえすれば永代供養に切り替えることができます。
永代供養ですから、ご自身のことだけではなくご親族の供養と管理をきちんとお寺側がしてくれますので死後のこともきちんとしておけば安心です。

永代供養は、墓石のある場所が今住んでいる場所から遠い場所ですとか。
墓石にあまり費用をさけないという方にも適している方法となっています。

基本的に細長い四角い形をしたタイプの墓石が定番ですが、最近ではちょっと変わったデザインのものもあるんです。選ぶ時は、一度目を通してみたいですね。